So-net無料ブログ作成
検索選択

両陛下、平等院ご訪問(産経新聞)

 京都府を訪問中の天皇、皇后両陛下は27日、宇治市の平等院を訪問し、鳳凰(ほうおう)堂の国宝「阿弥陀如来坐像」や、浄土式と呼ばれる庭園などをご覧になった。陛下が平等院をご覧になったのは、昭和22年3月以来、63年ぶり。

めぐみさん拉致現場「胸詰まる思い」=国家公安委員長が視察−新潟(時事通信)
サクラ三分咲き、でも待ちきれない…上野公園(読売新聞)
「祇園の夜桜」食べ残し狙うカラス集まり衰え(読売新聞)
<水戸検察審>男性の不起訴「不当」 強盗致死事件で議決(毎日新聞)
松野明美さん、熊本市議選に出馬(スポーツ報知)

「祇園の夜桜」食べ残し狙うカラス集まり衰え(読売新聞)

 桜の名所・円山公園(京都市東山区)のシンボル、枝垂れ桜が、枝枯れや花数の減少という衰えに直面している。

 最大の原因は、観光客の食べ残しを狙って集まるカラスだ。樹上に群がって枝を折り、花芽も踏みつけて木を傷めてきた。管理する京都市が様々な対策を続けており、樹齢80年を超える桜は今春、どのような姿を見せてくれるのか。

 「祇園の夜桜」と呼ばれ、高さ約12メートル、枝張り約10メートル。初代が枯れたため、その種から育てた桜を2代目として、1949年に移植した。

 市から委託を受ける桜守の佐野藤右衛門さん(81)らによると、89年頃に最も多くの花を咲かせたが、カラスが集まり、一時は木を黒く覆うほどになったという。枝がつつかれたり、花芽を踏まれたりして、2000年頃から急に枝枯れが目立つようになった。さらに01年8月の台風で、枝を保護する支柱が倒れて枝がねじれたことや、枯れ枝を取り除いたため、枝ぶりも寂しくなった。

 市はその後、支柱の大半を撤去。毎年、根の周りの土を少しずつ入れ替えて、土壌を改良している。08年からは花見シーズンの間、園内4か所にごみ集積のカートを置いて残飯が散乱するのを防ぐようにした。今年は、花が終わった後、カラス撃退用の繊維「テグス」を木の周囲に張り巡らし、枝にとまりにくくする。

 佐野さんは「カラスを遠ざけて、幹や枝の途中から芽吹くことを期待したい」と話し、市は観光客にマナー向上を呼びかけている。

日韓歴史研究・第2期報告書「まず攻撃ありき」 残る韓国側への批判と疑問(産経新聞)
<消費者庁>こんにゃくゼリー対策 窒息事故で初会合(毎日新聞)
国宝・姫路城「見納めの春」スタート 大修理控え1時間早く開城(産経新聞)
規制改革分科会、29日に初会合(時事通信)
「元の木阿弥」の政権交代 「利益誘導」型へ逆戻り(産経新聞)

モンベル社カード情報流出 不正利用被害100人超(産経新聞)

 大手アウトドア用品メーカー「モンベル」(大阪)のウェブサイトが今年1月、不正アクセスを受け、1万人以上の顧客のクレジットカード情報が流出していたことが22日、関係者への取材で分かった。このうち100人以上のカード情報がコンサートチケット購入に不正利用されており、大阪府警は不正アクセス禁止法違反容疑で捜査を始めた。

 モンベルによると、今年1月25、26日に同社のデータベースサーバーが不正アクセスで攻撃され、昨年11月以降に同社サイト上で買い物をした顧客計1万1446人分のカード番号などが盗まれていた。

 攻撃元をたどったところ、中国国内のサーバーを経由していたという。

 また、盗まれたカード番号を使い、大手コンビニエンスストア「ローソン」の子会社で、コンサートチケットが相次いで購入されていたことも発覚。未遂を含めると被害は100〜200人分に上り、1回で約5万〜10万円分のチケットがまとめて購入されていた。

 府警は、何者かがチケットの大量転売で利益を得た可能性もあるとみている。

【関連記事】
偽サイトに誘導、商品詐取
フィッシング詐欺グループ逮捕 被害総額3500万円か 静岡
アリコ、新規契約が42%減 AIG経営悪化と情報漏洩が影響
他人のカード情報で詐欺容疑 男2人を逮捕
アミューズ顧客情報流出、新たに891件

首相「私はアメリカ大好き人間」(産経新聞)
<窃盗未遂>氏名「忘れた」被告に判決 佐賀地裁(毎日新聞)
郵貯限度額を引き上げ=郵政改革の骨格発表−政府(時事通信)
子ども手当法案が参院で審議入り 月内成立へ(産経新聞)
都内で「初日の出暴走」少年ら7人逮捕(読売新聞)

<アカウミガメ>世界最高齢のカメ「浜太郎」と命名 徳島・美波町(毎日新聞)

 名前を公募していた「世界最高齢」のアカウミガメについて、日和佐うみがめ博物館カレッタ(徳島県美波町日和佐浦)は21日、「浜太郎」に決定したとして命名式と還暦祝いを行った。

【写真特集】美波町のウミガメといえば  倉科カナ:スタジオ初収録に「ドキドキ」NHK朝ドラ「ウェルかめ」

 現地でのウミガメ研究は1950年、同町の大浜海岸などを舞台として、日和佐中の生徒たちによって始まった。その際、中学生たちの手で卵からふ化させ、日和佐のまちで飼育してきたのが「浜太郎」だ。年齢の判明しているものとしては世界最高齢で、還暦を機に、名前を募集していた。

 同館によると、1534人から応募があり、22人が「浜太郎」と書いていた。「大浜海岸の浜をとっており、親しみやすい」などの理由で採用された。21日の式典には、命名者を代表して徳島市の立石妙子さんや50年当時の日和佐中の教師や生徒、ウミガメ研究者らが参加した。【深尾昭寛】

【関連ニュース
【写真特集】ウミガメがいっぱい ウミガメ:500万年目の危機 日本は貴重な産卵場所
【写真特集】海の生き物たちなら 毎日水族館
憂楽帳:屋久島とウミガメ
藤原紀香:「エレガントなところがない」? 屋久島でウミガメ保護体験

「何も決めてない」=「邦夫新党」対応で−自民・舛添氏(時事通信)
マンション入り口に男性遺体=腹に傷、殺人事件で捜査−大阪府警(時事通信)
長妻厚労相、メディカルツーリズム推進は「重要」(医療介護CBニュース)
名護市で米軍車両が追突逃走、子供2人けが(読売新聞)
未公開株上場話で詐取容疑=被害3億か、投資会社社長逮捕−沖縄県警(時事通信)

将来の増税に含み=任期中の消費税上げは否定−首相(時事通信)

 鳩山由紀夫首相は13日午後、奈良市内のホテルで開かれた各種団体との意見交換会であいさつし、「(政治の)信頼が回復されれば、国民に、例えばつらい税金の議論なども『政治がしっかり頑張っているなら信頼する』との気持ちを示してもらえる時が来ると思う」と述べ、将来の増税に含みを持たせた。具体的な税目には触れなかった。
 首相の発言は、財政規律を重視する姿勢を打ち出すことで、子ども手当や高校授業料の実質無償化などへの「ばらまき」批判をかわす狙いがあるとみられる。ただ、景気低迷が続く中で増税に言及したことで、有権者の反発を招く可能性もある。
 首相はこの後、同ホテルで記者団に「消費税(率引き上げ)に関しては私が政権を担っている間はしない。そこに変わりはない」と改めて強調。同時に、「無駄遣い天国の中で増税などといくら言っても心に響かない。政治に対する信頼も必要だ。そのことが確保された時、税金に対して国民に素直に聞く耳を持ってもらえる」と語った。 

【関連ニュース
消費税争点に衆院選も=行政刷新相
消費税、社会保障目的に=首相「税率極めて低い」
たばこ販売、最大の落ち込みに=増税も1000億円減収
外国たばこ、値上げ認可=財務省
外国たばこ、20円値上げ申請=2社が全銘柄一斉に

日本郵政 郵便局内の仕切り、撤去を開始(毎日新聞)
倫理委承認と偽り論文、東大教授に停職1か月(読売新聞)
大津波警報、「適切」6割=意識高いが怖さ過小評価−東大(時事通信)
高齢患者骨折「一晩で2人とも」元看護師が供述(読売新聞)
<雑記帳>長谷川等伯展で「オマージュ」ラスク(毎日新聞)

津波避難6.5%=公民館などでの確認数−チリ地震(時事通信)

 チリ大地震による津波で、避難指示が発令された9都道県53市町村の住民約49万3000人のうち、公民館や小学校などの避難所で確認されたのは6.5%の約3万2000人だったことが、総務省消防庁などのまとめで9日までに分かった。
 実際には避難所以外の高台などに逃げた人も多いとみられ、同庁は「今回のデータで住民避難率が一概に低いとはいえない」とし、避難行動の実態を調査している。 

<宮城・自殺偽装>5容疑者、1億円以上の保険金山分け(毎日新聞)
あかつき、5月18日打ち上げ=金星探査機、H2Aで−宇宙機構(時事通信)
雑記帳 納豆の早食い世界大会…350gを30秒97で(毎日新聞)
普天間返還後も国が管理 有事の際に米軍利用可能に(産経新聞)
5歳餓死、虐待発覚恐れ祖父母に3年会わせず(読売新聞)

海捜索中に「林の方かも」=上田容疑者、同居の男に−鳥取不審死(時事通信)

 鳥取県の連続不審死で、トラック運転手矢部和実さん=当時(47)=を殺害した容疑で再逮捕された上田美由紀容疑者(36)が事件当日、姿の見えない矢部さんを海辺で探していた同居の男(46)=詐欺罪などで起訴=に「林の方かもしれない」などと、あいまいな指示をしていたことが4日、男の弁護人の話で分かった。
 県警鳥取署捜査本部は、男が矢部さんを発見するのを避けるため、上田容疑者が故意に違う方向を指示した可能性もあるとみている。
 捜査本部によると、矢部さんは昨年4月4日朝から行方不明になり、同月11日に同県北栄町の日本海で遺体で見つかった。上田容疑者は矢部さんから借金270万円の返済を迫られていた。
 弁護人によると、男は4日、上田容疑者に「矢部さんと海にいるので迎えに来てほしい」と携帯電話で呼び出された。現場付近に着くと、上田容疑者は「矢部さんともみ合いになり、いなくなった」と話した。
 男が海の近くで矢部さんを探していると、上田容疑者は「林の方かもしれない」と捜索先を変更、積極的に探す様子はなかったという。当日は雨だったが、上田容疑者の服はびしょ濡れだったという。 

舛添、河野氏「人心一新」促す(産経新聞)
元・光GENJI赤坂被告、覚せい剤使用認める(読売新聞)
鳩山首相、協議機関「全党協力に期待」=企業献金禁止、今国会で結論を(時事通信)
貸金業規制、メガバンクは対案を=亀井金融相(時事通信)
<RSウイルス感染症>終息気配なし 乳幼児持つ親注意を(毎日新聞)

トヨタの公聴会対応「良かった」=鳩山首相(時事通信)

 鳩山由紀夫首相は3日午前の参院予算委員会で、大規模リコール(回収・無償修理)を届け出ているトヨタ自動車について「豊田(章男)社長が米国の公聴会、中国の記者会見で発言し、真摯(しんし)に対応したのは良かった」と指摘。その上で、「このような問題が起きないように対応することで、ユーザーの信頼と安心が回復されるものだと期待する」と、信頼回復への取り組みを求めた。自民党の林芳正政調会長代理への答弁。 

【関連ニュース
【動画】トヨタ社長、リコールで陳謝
【特集】トヨタ プリウス
【特集】話題騒然 ファーストレディー
〔写真ニュース〕トヨタ、4年半ぶり低シェア=米
〔写真特集〕美しすぎる市議 藤川ゆり

<地震>沖縄で震度5弱 津波警報発令(毎日新聞)
<掘り出しニュース>ああ、アイデア箱…松戸市役所14年間応募ゼロ 勘違いされ苦情の投書(毎日新聞)
いざ!宇宙へ なでしこ飛行士・山崎さん、フロリダに到着(産経新聞)
八戸水産高の実習船「青森丸」の無事を確認(産経新聞)
長男遺棄容疑で男逮捕、自宅に妻と義母の遺体(読売新聞)

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。