So-net無料ブログ作成

「私の船頭役は終わった」モンテゼーモロ退任 正式発表(レスポンス)

フィアットグループは現地時間20日夕方、ルカ・ディ・コルデーロ・ディ・モンテゼーモロ会長(62歳)の退任を発表した。これによって、2004年以来のフィアット-モンテゼーモロ体制が幕を閉じることになる。

[関連写真]

モンテゼーモロ会長は、「私の船頭役は終わった」と説明。「今日のフィアットは健康体で競争力を持った企業である。マルキオンネ(CEO)とフィアット全従業員のおかげで、全レベルと分野で成長を果たした」と語った。

モンテゼーモロに関しては過去にもたびたびイタリア政界への進出が噂され、本人はその都度否定してきたが、今回の発表でも彼は「政治に関与することはない」とあらためて否定。引き続きグループ取締役と、グループ傘下であるフェラーリの会長職に専念することを明らかにした。

モンテゼーモロが会長に就任したのと同じ2004年からCEOを務めるセルジオ・マルキオンネは、「この6年間、ルカと私は素晴らしいコンディションを作り上げてきた。これからも友人同士だ」と述べた。

またモンテゼーモロの後任として会長に就く創業家出身のジョン・エルカン副会長は、「私から、そして家族からも、モンテゼーモロに“ありがとう”と言いたい」と述べ、フィアットが経営危機にあった2004年5月、エルカンと一族がモンテゼーモロに会長就任を要請。彼がそれを了承してくれたエピソードを披露。モンテゼーモロがグループ取締役とフェラーリに留まることを「歓迎すべきこと」と語った。

なお、エルカンの後任にあたる副会長は当面置かない。新会長に就任するエルカンは今年34歳。フィアット111年の歴史上、最も若い会長となる。

今回の発表の席上、彼は28歳年上のモンテゼーモロを、仲間同士で使う二人称「tu(君)」で呼んだ。エルカン自身は泣く子も黙る創業家出身。さらに「tu」は今日のイタリア社会で、たとえ上司に対してでも使う表現に変貌しつつあることも事実だ。しかしながらイタリア屈指の企業フィアットのトップマネジメントが公の場で「君」で呼びあったところに、フィアット再建のため戦ってきた盟友の雰囲気が漂っていたことも確かだった。

《レスポンス 大矢アキオ》

【関連記事】
モンテゼーモロ退任、後任はフィアット創業家34歳 伊報道
フェラーリ、オンラインオークション開始…第1号車は会長所有車
トヨタ、小澤専務が代表権を持つ副社長に昇格
フィアット 特別編集
フェラーリ 特別編集

<普天間問題>鳩山首相「5月末までに五月晴れ」(毎日新聞)
わずか10分、一方的に電話切る…怒る伊仙町長(読売新聞)
<事業仕分け>「廃止」事業、国主導で存続も(毎日新聞)
犬遺棄「もうからないので捨てた」埼玉県警が元町議を詐欺容疑で再逮捕へ(産経新聞)
<火山噴火>日航、全日空が欧州便再開 旅行客らで成田混雑(毎日新聞)

戦国武将に学ぶ「人間力」 7月、大和ハウスでフォーラム(産経新聞)

 大和ハウス工業は7月10日午後2〜5時、東京都千代田区飯田橋3の13の1の同社東京支社で、石橋信夫記念館文化フォーラム「前途混迷の現代を生き抜くため 戦国武将の知恵から 今なにを学ぶか」を開く。アナウンサーの松平定知さんや歴史学者の小和田哲男さん、漫画家の黒鉄ヒロシさんらを招き、戦国武将の「人間力」やリーダーシップをめぐり、現代に通じる教訓について議論する。

 また、7月24日午後2〜5時には大阪市北区梅田3の3の5の同社本社でも、作家の童門冬二(どうもん・ふゆじ)さんや歴史家の加来(かく)耕三さんを招き、同テーマのフォーラムを開催する。

 参加無料。はがきに郵便番号、住所、氏名、年齢、性別、職業、電話番号、希望の会場を明記し、〒107−0051 東京都港区元赤坂1の4の2 知性ビル 石橋信夫記念館文化フォーラム事務局まで。5月24日必着。応募多数の場合は抽選。ホームページ(http://www.daiwahouse.co.jp)でも受け付ける。問い合わせはTEL03・3403・6451。

<質問なるほドリ>アジア大会新種目、なぜ囲碁が選ばれたの?(毎日新聞)
警部補「実績上げたい」盗難捜査書類うそ記載、停職(産経新聞)
フィギュア 織田選手、同級生と結婚へ(産経新聞)
狩野探幽の障壁画をデジタル再製 京都・一休寺(産経新聞)
気象 東京都心に41年ぶり「遅い雪」…千葉は記録更新(毎日新聞)

厚労省室長、停職処分 「地方へ」うそ人事で部下から100万円(産経新聞)

 厚生労働省は13日、うその人事情報を部下に伝えて現金100万円を受けとったとして、統計企画調整室長(56)を停職3カ月の懲戒処分にした。室長は返金し、同日、退職願を提出したという。

 厚労省によると、室長は3月16日、統計情報部内の職員に「4月1日付で地方異動の可能性があるぞ」と架空の人事情報を持ち掛け、現金で異動を回避できると打診。職員はそれを信じ翌17日、室長に100万円を手渡した。

 職員は、異動は発令されなかったが今月7日、不審に思って同期職員や幹部に相談。幹部が室長に話を聞いたところ、虚偽の人事情報で現金をだましとったことを認めた。室長は全額を返した。室長と職員は統計情報部に所属。旧知の仲だったという。

介護保険制度前の利用負担減免で通知―厚労省(医療介護CBニュース)
川崎マンション火災 3歳の双子死亡、祖母は重体(毎日新聞)
<殺人未遂>警官2人刺され重軽傷 男は逃走 長崎・佐世保(毎日新聞)
大阪の小3ひき逃げ、70歳を逮捕 家族にうながされ出頭(産経新聞)
本四の高速料金、見直し要求へ=仙谷担当相(時事通信)

飲酒運転 取り消し処分者の講習強化 自覚日記4週間(毎日新聞)

 警察庁は、運転免許の取り消し処分を受けた違反者に対する講習に、飲酒運転の違反者向けに特化したカリキュラムを導入する。カウンセリングや日記などを取り入れて再び飲酒運転をしないよう意識づけをするのが狙いだ。今秋からモデル事業として四つの都道府県で実施。受講者が違反を繰り返さなかったかを追跡調査して効果を検証し、13年からの全国実施を目指す。

 現行の取り消し処分者講習は、運転に関する適性検査や実車講習などを2日連続で計13時間受ける。受講者がどんな違反をしたかにかかわらずカリキュラムは一律だ。新たに導入するカリキュラムは、飲酒運転が原因で免許取り消し処分となった違反者が対象。現行の科目に(1)アルコールへの依存の度合いを調べるスクリーニングテスト(2)警察官らを講師とするカウンセリング(3)受講者同士のディスカッション−−などを加える。

 2日連続計12時間の講習を受けた後、受講者それぞれが飲酒をコントロールする目標をたて、1日の飲酒量などその達成状況を4週間、「日記」として記録する。この期間は受講はなく「自分と向き合い、飲酒運転はやめるという意識を高めるための時間」(警察庁運転免許課)とする。その後、1時間の講習を受け、運転免許試験を受験できる。

 警察庁によると、09年の飲酒運転による死亡事故は292件で、00年(1276件)以降、01年から9年連続で減少した。飲酒運転の取り締まり件数も、05年の14万873件から09年4万1801件と減少傾向が続いている。飲酒運転に対する厳罰化などが背景にあるが、警察庁担当者は「飲酒による事故をさらに減らすため、違反者への教育の観点から対策を打ち出した」と話している。【鮎川耕史】

 【ことば】取り消し処分者講習

 交通違反で運転免許の取り消し処分を受けた者を対象とする講習。運転免許試験場などで行われる。新たに免許を取得するため試験を受けるには、事前にこの講習を受けなければならない。道路交通法施行規則で受講時間は13時間と定められている。09年の受講者は3万3964人。うち飲酒運転での受講者は約26%の8785人に上る。

【関連ニュース】
<特集>許すな!飲酒運転
酒気帯び運転:中2男子生徒を逮捕 原付きバイク2人乗り
酒気帯び:容疑で自衛官逮捕 乗用車に追突 山口・宇部
飲酒運転:都内の「死亡事故ゼロ」83日 厳罰化の効果か
沖縄ひき逃げ:米3曹容疑認める 県警が任意聴取

増え続けるDV被害 法改正へ動き活発化(産経新聞)
足利事件 「捜査としては完敗」 DNA型鑑定の妄信自戒(毎日新聞)
「Jタロー」で縄文PR=青森県〔地域〕(時事通信)
北九州社長殺害 元従業員供述、「ハンマーで殴った」(毎日新聞)
普天間移設、「地元了解抜きの合意せず」首相(産経新聞)

<東京都>予算成立 築地関連予算も可決  (毎日新聞)

<中国毒ギョーザ>天洋食品元従業員を逮捕 待遇に不満か(毎日新聞)

 【北京・浦松丈二】中国製冷凍ギョーザによる中毒事件で、中国国営・新華社通信は26日夜、中国警察当局が製造元の天洋食品(河北省石家荘市)の元臨時工、呂月庭容疑者(36)=同省=を逮捕したと報じた。08年1月の発覚から2年余り。日中両国の国民感情の対立に発展した同事件は解決に向けて大きく動き出した。

 中国政府は27日未明までに、外交ルートを通じ日本政府に「容疑者の男を特定した」と伝えたという。

 調べによると、呂容疑者は給料などの待遇や特定の従業員への不満を募らせ、気を晴らすために製品のギョーザに毒物を混入した疑い。呂容疑者は容疑を認めているという。また、警察当局は混入に使われた注射器を押収し、周囲の証言を得ていたとしている。

 新華社通信は、中国警察当局の特別捜査チームが「発生から時間が経過し、物証が少ないなどの困難を克服し、ねばり強く、入念な捜査を続けて事件を解決した」と捜査を評価した。

 関係者によると、中国警察当局は、何者かが工場内の段ボールの外側から注射器で農薬成分メタミドホスを混入したとの見方を強め、北京の研究所で裏付け実験を進めてきた。

 ◇工場内で混入で中国公安当局が捜査進める

 事件は07年12月〜08年1月、天洋食品製の冷凍ギョーザを食べた千葉県と兵庫県の3家族計10人が嘔吐(おうと)や下痢の症状を訴え、9人が入院、千葉県の5歳の女児が一時重体となった。回収品から有機リン系殺虫剤メタミドホスが検出された。

 日本側による製品の包装、梱包(こんぽう)、流通過程の調査結果や、天洋食品が中国国内で再配布した回収製品で中毒事件が起きたことなどから、中国国内での混入が濃厚とみられたが、中国政府は当初、「捜査中」とするのみで、両政府の意思疎通の不足が両国民の不信感を招いた。

 一方で中国公安当局は再現実験などから工場の冷凍庫に保管された製品に段ボールの外側から何者かが注射器で殺虫剤を注入させた可能性が高いとみて、工場の複数の従業員を長期間拘束するなど、事実上、工場内での混入に絞り、詰めの捜査を進めていた。

 事件は日本国内で食品の安全に対する不信を招き、日中両政府は食の安全に関する閣僚級定期協議の開催など再発防止策を検討している。

【関連ニュース】
中国毒ギョーザ:中国政府から容疑者逮捕の連絡…外務省
中国毒ギョーザ:36歳の中国人の男を逮捕 中国警察当局
中国製冷凍ギョーザ中毒事件
中国製ギョーザ中毒:発覚2年 日中、覚書交換へ 閣僚級定期協議/製造現場立ち入り
メタミドホス、残留基準の1万倍 千葉・市川の母子嘔吐の餃子

日銀審議委員ら 参院で人事同意(産経新聞)
鳩山首相「中井国家公安委員長の行動は配慮がなかった」(産経新聞)
保護者と性的関係=区立小校長を更迭−東京・江戸川(時事通信)
<普天間移設>沖縄・うるまで反対集会(毎日新聞)
<東京都>予算成立 築地関連予算も可決  (毎日新聞)

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。