So-net無料ブログ作成
検索選択

「人違い」主張の被告に実刑=「反省うかがえない」―東京地裁(時事通信)

 見ず知らずの女性を刺殺しようとしたとして、殺人未遂罪に問われた無職金子正幸被告(40)の裁判員裁判で、東京地裁(若園敦雄裁判長)は2日、「反省の気持ちがみじんもうかがえない」として、求刑通り懲役10年を言い渡した。金子被告は公判で「自分は金子ではない」と訴えていた。
 若園裁判長は、逮捕時の状況などから、「被告が犯行を行ったことに疑いの余地はない」と判断。責任能力についても問題なかったとした。
 弁護側は公判前整理手続きでは争わない姿勢だったが、公判で無罪主張に転じていた。 

【関連ニュース
【特集】裁判員制度
【特集】取り調べ可視化の行方
「通訳が誤り」、一審破棄求める=裁判員裁判で実刑、控訴審
裁判員判決、最高裁で初の確定へ=第1号事件の上告棄却
裁判員対象事件の保釈急増=制度開始前の倍

菅代表就任なら消費増税に踏み込みも 参院マニフェスト(産経新聞)
女性と接触、一時運転見合わせ=山陽新幹線、新尾道駅で(時事通信)
「酪酸問題ないと思った」 シー・シェパード事件元船長被告人質問(産経新聞)
社民が候補擁立模索、民主に動揺…北海道選挙区(読売新聞)
「あの親指は何だ」思いも寄らぬ波紋…検証4(読売新聞)

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。